最終更新日

 
ウズベキスタン共和国のご紹介
日本ウズベキスタン協会のご案内
活動状況・会員からの寄稿
協会の入会申込み方法
お問い合わせ
協会のパンフレットはこちら
嶌 信彦


横浜ユーラシア文化館
日本センター
Adobe Systemsのウェブサイトより,Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。上記ボタンをクリックして,Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータのOS用のソフトウェアを入手してください。
【ご案内】事務局完全リモートワーク化
この度の緊急事態宣言を受けて,当協会事務局は完全リモートワークとさせて頂きます。緊急事態宣言期間中のお問い合わせなどにつきましては,メールにてご連絡頂きますよう,お願い致します。

なお,緊急事態宣言解除後も事前のお知らせなくリモートワークとさせて頂くことも多くありますので,ご連絡につきましては,基本メールにてよろしくお願い致します。 皆様のご理解の程,よろしくお願い致します。
(2022.08.27夏季閉局期間削除)

タシケント日本人抑留者資料館支援募金のご報告とお願い
 みなさまのご協力に感謝いたしますとともに,今後ともご協力をお願いします。>>詳しくはこちらから
(2016.7.29新規掲載)

新規会員募集
日本ウズベキスタン協会では新規会員を募集しています。
1 入会金
  個人会員 2,000円
  法人会員 20,000円
2 年会費
  個人会員 5,000円
  法人会員 30,000円
詳細はこちらをご覧ください。

(2006.03.30 掲載内容更新)

【特設サイト開設】「ノンフィクション『日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた』(嶌信彦,角川書店)」発売のお知らせ
 当協会設立のきっかけとなったのがウズベキスタンはタシケントにそびえ立つ「ナボイ劇場」。この劇場は対戦終了直後に当地で強制労働に従事した440名余もの日本人抑留者が工事に携わっていました。(>>続きはこちらから)(>>関連記事はこちらから)
 また,今回の出版を記念した特設サイトが開設しました。>>こちらから
(2015.12.23特設サイト開設案内追加掲載)

イベント詳細情報・活動報告
【募集開始!】駐日ウズベキスタン大使館後援「日本とウズベキスタンの絆を体験する8日間──日本とウズベキスタンの交流の歴史を体験する旅」
当協会25周年を記念して、2024年11月1〜8日の予定でウズベキスタン旅行のご案内及び募集をします。
当協会で実施している草の根プロジェクトの一環としてサマルカンドで実施している干し柿プロジェクトのワークショップに参加したり、リシタンの工房や日本語を勉強しているノリコ学級の子供達と交流したり、日本人墓地墓参など通常のツアーとは一味違った旅行です。
是非この機会にご参加ください。宜しくお願いします。

詳細はこちらのとおりですが,概要を簡単にお伝えします。
(2024.04.13新規掲載)
※ 写真は前回の旅行から抜粋しております。
1 日程(いずれも日本時間)
  11月1日(金)午前出発〜11月8日(金)午前帰国
  (ウズベキスタン航空での直行便です!)

2 目的地
  タシケント,サマルカンド,コーカンド
              (マルギラン,フェルガナを含む。)

3 今回の旅行の内容
 ・サマルカンド
  干し柿プロジェクトのワークショップ参加。スザニ工房見学。
 ・コーカンド
  NORIKO学級訪問。日本人墓地墓参。
 ・タシケント
  日本人墓地墓参,日本人抑留者資料館訪問。

【ご出席(委任状送付)のご依頼】6月29日(土)開催,通常総会及びイベントについて
1 通常総会について
※ 会員の皆様あてに、先週総会のご案内及び広報誌等をご登録いただいている住所に送付しております。
  同封の「総会出欠通知ハガキ」を記入の上、締め切りの6月17日(月)に間に合うよう投函をくださいますようお願いいたします。総会成立には出欠通知ハガキの半数以上のご返信が必要です。何卒ご理解くださいますよう、重ねてお願いいたします。

【概要】通常総会
・開催日時
 2024年6月29日(土)14:00~(13:00開場)
・開催場所
 日本プレスセンター(千代田区内幸町2−2−1)
・会費
 イベントを含め,無料です。

────────────────────

2 イベントについて
※ どなたでもご参加いただけます!
  ただし,会場が狭隘のため,定員70名程度で,会員が優先です。
  また,会員以外の方はこちらのリンクからメールにてお申し込みください。

【概要】イベント(14:20頃から16:00頃まで)
・プログラム
 (1) ウズベキスタン旅行説明
 (2) アラル海植林プロジェクト(登壇者=富樫智(とがしさとし)
 (3) 余興(ウズベキスタンクイズ等(景品つき))
 (4) 懇談会(茶話会)
・開催場所
 日本プレスセンター(千代田区内幸町2−2−1)
・会費
 イベントを含め,無料です。


【ご案内】会員の舞鶴市様が「国際交流2023~令和5年国際交流報告書~」を発行いたしました!
当協会会員の舞鶴市様の国際交流は,第二次世界大戦の終結後に66万人余の引揚者を迎え入れを起点に,近年では「2020東京五輪」におけるウズベキスタンのホストタウンとしてスポーツ・文化などの様々な分野で交流を続けられています。

ウズベキスタンとの交流も2ページにわたって特集が組まれていますので,ぜひご覧ください! >>こちらからダウンロードできます。
(2024.04.07新規掲載)

【開講確定!】2024年度前期ウズベキスタンのスザニ刺繍講座募集について
連年ご好評をいただいているスザニ刺繍講座ですが,本年度前期も開講予定です。

講座は十分に実習に取り組んでいただけるよう,隔週開催としております。

今回もGoogle Classroomでの復習ができる講座になっています。概要は次のとおりですが,詳細はこちらをご参照ください。
(2024.04.20開講決定)
1 日時(いずれも日本時間19時〜20時30分)
  5月16日、5月30日、6月13日、6月27日、7月11日、7月25日(予備日6月20日,7月18日)

2 ご用意いただくもの
 刺繍枠,布,刺繍糸(DMCの8番のような撚ったものが扱いやすいです。),レース刺繍用針,チャコペン,デザインが作成用の紙やはさみ等

(過去の講座の状況)
 過去の講座の模様を掲載しました(10分程度)。>>詳細はこちらから

【続報あり】コロナ禍で変わってしまったNORIKO学級を、存続の危機から救いたい
当協会理事の永田が活動支援をしているNORIKO学級では,現地で日本語指導ができる方を募集しております。NORIKO学級はウズベキスタンでも珍しく緑豊かな場所にあり,通常の観光では訪れない地域です。

詳しくはこちらから

(参考)
永田理事のお父様は,当協会設立趣旨と非常に関係の深い「ナボイ劇場」建設で隊長を務めた永田行夫様(2010年にご逝去)です。


【ご案内】ウズベキスタンの地方農村女性の自立化支援について
当協会では、製作から得た収入を女性自ら使うことのできるウズベキスタンの伝統的絹織物アトラスを利用した手工芸品の販売をサポートしています。ウズベキスタン共和国より、先日可愛い「クマのぬいぐるみ」が届きました。

ぬいぐるみは、WEBと下記空港店舗で販売しています。空港をご利用の際は是非「一村一品マーケット」にお立ちよりください。WEBショップはこちら
(2022.06.26新規掲載)
空港店舗
・「一村一品マーケット 成田店」
 成田国際空港第一
  ターミナル中央ビル4F
 (営業時間 9:00~21:00)

・「一村一品マーケット 関空店」
 関西国際空港第一
 ターミナルビル本館4F
 (営業時間 9:00~21:00)

【ご案内】舞鶴市ふるさと納税 for ウズベキスタン
 このたび,舞鶴市様に当協会にご加入いただきました。そこで,首題の件について広報文を抜粋してご紹介いたします。(全文はこちらから。)(舞鶴市様のふるさと納税のご案内のページはこちら
この度,舞鶴市が日本ウズベキスタン協会に法人会員として入会させていただきました。ご挨拶を兼ねまして,本市とウズベキスタンとの交流についてご紹介をさせていただきたく存じます。

京都府北部の日本海側に位置する舞鶴市には,戦後13年間に亘り,中国大陸やシベリアからの引揚者を受け入れる引揚港としての役割を果たしてきた歴史があります。その中で,特にウズベキスタンに抑留された日本人の多くが舞鶴港に引き揚げられたという縁からウズベキスタンとの交流が始まり,その交流の分野は現在も拡がり続けています。

そして今年,東京五輪においては,ウズベキスタンのホストタウンとして柔道選手団を受け入れ,コロナ禍で制約はありながらも,心を込めておもてなしをさせていただきました。

これまでのホストタウン交流で築いた信頼関係を,オリンピックレガシーとして次代に継承するため,フェルガナ州リシタン地方との間で「農業」「産業技術」「介護福祉」の各分野におけるウズベキスタン人の人材育成に関する覚書を取り交わし,これに基づいて同国への協力事業を推進しています。

こうした舞鶴市の取り組みを知り,最近,有難いことに,ふるさと納税をウズベキスタンとの交流事業に活用してほしいという声をいただいていることから,先ずはNoriko学級で学びながらも経済的に困難な学生の人材育成のために,この貴重な財源を充てることとし,全国の方々に向け広く寄付を募ることといたしました。早速ではございますが,パンフレットを作成いたしましたので,ご一読いただき,皆様方のご理解・ご協力を賜れれば幸甚でございます。
(令和3年10月1日 舞鶴市産業振興部国際交流課)



© Copyright 2001 - 2024 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F
TEL03-3593-1400 FAX03-3593-1406 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com